FF14 パッチ3.1ストーリー感想

パッチ3.1が公開されて2カ月以上経ちました

そろそろいいかな~?と思い
恒例のメインストーリー振り返りを
やってみたいと思います

3.1のパッチでは
ストーリーは短く纏まりスッキリしていて
個人的には好印象でしたね

(あんまり長いのはもうしんどいっす…)


それと以前にも書きましたが
ストーリーと新ダンジョン解放が
関連していなかったので
ストーリーだけゆっくり後から
追いかけれたのもとても嬉しかったです

ただ…

ストーリーとダンジョンを絡ませないと
いつかやろうとは思っていても
無駄にやる事が多いFF14なので
思い切り忘れちゃうのが弱点ですな…

僕はぶっちゃけ
3.15の直前ぐらいまで
メイン進めるのは忘れていました…(-_-;)

今回何とフレ様内では1番ストーリーを
早く終わらせたのはメイさんでしたね~!


3.2ではまた
ダンジョンとストーリーを
絡ませてくるんでしたっけ?

ぶっちゃけもうストーリーで
そんなに気になる事もないので
早めにダンジョンだけ
開けれるようになっていると嬉しいですね

(どうせエキスパで
アホほど周回せなあかんねんから…)(-_-;)




今回はネタバレ満載なので
まだ3.1のストーリーまで
終わらせてない方は
見ないようにお願いいたします!











パッチ3.1「光と闇の境界」
最大の見せ場はやはりクルルさんの登場ですかね?

Heavensward-160.jpg

登場前からFF14プレイヤーなら
聞いている人も多いと思われるwebラジオ
「エオルゼアより愛をこめて」通称「アイコメ」
MC南條さんが声をされている事で話題になっていました

南條さんはPLLのゲストにも出ていましたな~

ちなみにフレ様内では確実に
僕とすえさんとメイさんは聞いています


クルル登場シーンはなんとなく
アルフィノとの恋愛ゲームっぽい展開でしたね

Heavensward-161.jpg

クルルお姉様に手玉に取られるアルフィノ君に
ポワ~ッとなった女子の方も多いのではないでしょうか?


クルル様はPVとか見てる限り
もうちょっと若いイメージなのかな?
と思ってましたが
ちょっとお○ちゃん臭のするキャラでしたな

クルル様はFFの前のシリーズからの登場なんでしたっけ?

Heavensward-163.jpg

動物と喋れるとか
なぜ命名規則がヒューランっぽいのか?とかは
その辺のシリーズからの関連なのかな?

Heavensward-165.jpg

ちなみにヒューランっぽい名前なのは
一応物語中でも説明がなされていましたね


そんなクルル様も「超える力」持ちな事が語られました

Heavensward-162.jpg

今回
行方不明だった暁の面々のうちの主要メンバーは
ミンフェリア以外生きている事が判明したわけですが
このクルル様が超える力を持っている事により
ミンフェリアの生死はもしかしたら微妙かもな~と
個人的には思いましたね

(これからミンフェリアの代わりをクルル様がする?)


てか…

サンクレッドやイダやパパリモが
生存しているとわかった時には
2.○シリーズ最後に
あんだけ大げさに最後のシーンをやっておいて
全員生きてるんかい!と
思い切り突っ込みましたけどね…

いや…

もちろん死んでれば良かった
とは思ってませんが…

それやったらなんで逃げる時
あんな演出を?と思いますし
そんなご都合主義な
「死んでません詐欺」をやるんやったら
ムーンブリダも別に殺さんでよかったやん!と
強く思ってしまいました


クルル様の超える力と
マトーヤ婆ちゃんが持っていた
光のクリスタルの力により
行方不明中のサンクレッドの居場所を突き止めた一行

Heavensward-164.jpg

向かった高地ドラヴァニアで
闇の戦士達とかいう
またなんかチープくさ~い連中と出会います…

Heavensward-166.jpg

いや~…

正直…これはないわ~…( ゚Д゚)

もうなんか…

進めてて
スーッと冷めていくのを感じましたが…
僕だけですかね…?

この噛ませ犬感…

中々の物がありますな…

(困った時に使う偽○○みたいな感じが…)(-_-;)


ストーリーを終わらせた後
フレ様達と話をしていて
ちょっと話題に上がりましたが
この人達って第7霊災のムービーの時に
流れてた人達と一緒ですよね?

でもヒロシは一応
イシュガルドで竜騎士やってるはずなので
同一人物ってわけではないんでしょうな~


う~ん…

個人的に1番やってほしくないのは
パラレルワールドというか
並行世界物ですね~

僕がスパロボZシリーズが
嫌いな理由の1つなんですが
並行世界物って最終的には
何やってもOKになるんですよね~

それに物語に終わりがないというか…

なんか世界を救っても
あっちの世界はまだ争ってるとか…

こっちの世界では死んでいる人が
向こうでは生きてるとか…

いや!向こうってどこやねん!みたいな
突っ込みが果てしなく続いていきます

変な話ですが
並行世界の存在を1個書いてしまうと
結局その他にもたくさんの世界がある事を
認めてしまう事になるわけで…

なんかそれで今自分がいる世界
14ではハイデリンとかエオルゼアかな?が
平和になっても

「自分達の世界さえ平和になればいいのか!」

とかいう…
どうせえっちゅうねん…と
いうような話になりがちです…

やはり1つの物語は
1つの世界で終わってくれた方が
わかりやすいし素直だと思っています


まぁ…

14は多分そんな世界に
足を踏み入れる事は無いと信じていますが
なんにしても「闇の戦士」とかいう
中々失笑物なキャラ達がどうなるか?も
一応これからの注目っすな…



そんな闇の戦士との対峙中
復活したのがサンクレッド!

まぁなんていうんでしょう?

僕的には彼の最大の魅力は
「イケメンなのに残念な所」だと思っているのですが
今回も登場回想シーンから

「全裸で大事な所を動物たちに隠される」

Heavensward-167.jpg

という
とても彼らしい登場をしてくれました


ただ…残念だったのが
その後は妙に大人しく美女にも反応しない
サンクレッドの姿があった所…

不思議に思ってヤ・シュトラに聞いた所

Heavensward-176.jpg Heavensward-177.jpg

彼のナンパ癖は
ミンフェリアとの距離を取るための方便だったとの事…

ふむふむ…

僕は旧14の事を知らないので
ミンフェリアとサンクレッドの
詳しい関係は知らないのですが
2人は家族みたいな関係なのかな?

ミンフェリアがサンクレッドの事を
好きにならないように…

なのか?

サンクレッドがミンフェリアの事を
好きにならないように…

なのか?

あるいは
その両方なのか?は分かりませんが
サンクレッドのナンパは
2人の関係が行き過ぎないよう?とか
そういう意図があったそうです

(まぁそれで「ナンパする」
というのはよくわかりませんが…)

ふ…しかし…

個人的にはそんなサンクレッド兄さんは
魅力90パーセント減だと思いますけどね!

まぁ…

Heavensward-169.jpg

そんな格好良くなってしまったサンクレッドも
ヒルダからは
「眼帯のオッサン」呼ばわりなんですけどね…(-_-;)

(サンクレッド様好きなルッチーが聞いたら怒りそうだ…)

Heavensward-170.jpg



今回イシュガルドの大きなストーリーとしては
白竜ヴィゾーヴニルと結べた事がありました

Heavensward-173.jpg

てか

高地ドラヴァニアにいる竜達って
人間にも優しいし本当に良い竜達が多いですよね

Heavensward-174.jpg


フォルタン伯爵が心配する気持ちもわかりますが
次の世代100年後200年後のために
アイメルクを中心に捨て身になって
まず自分達が生きている時代に
竜族との橋渡しを少しでもしていきたいものですな

Heavensward-168.jpg

そして…それは…
無きイゼルが望んだ世界でもあるのです…


アイメルクはイベントでも
どこぞの党首達とは違い
自ら率先して戦いに出る
とても好感の持てる人物ですな

Heavensward-171.jpg Heavensward-172.jpg

まぁ…それでも
イシュガルドにこびりついた
竜への憎悪というか偏見は
そう簡単には消えないでしょう…

それこそ…

後1000年ぐらいはかかりそうな問題ですな…

Heavensward-175.jpg

急ぎすぎるのは
今回の事件のような暴動も起きがちなので
じっくり腰を据えて
取り込んでいくしかないのかもしれませんね



そういえば

今回ストーリーのラストに
オルシュファンと同じフォルタン家の盾を貰えます

Heavensward-178.jpg

ただ…

今リトキアの装備している鎧には
少し小さすぎて合わなかったので
ミラプリはしませんでした

昔フォーラムで
意見を見たような気がするのですが
盾としてだと今の装備に合わなかったり
そもそもナイト以外装備できないので
家具として家や部屋に
飾れるように出来ないかな~と
ちょっと思いましたね



そういえば

メインストーリーではないのですが
シリウス大灯台ハードのエンディングは
中々グッときましたね

ノーマルシリウス時の1ボスである
「浮沈のサイモンド」は
今行っても苦戦するかなりの強敵なんですが
実はこの人はリムサから出て
セイレーンに襲われ沈没してしまった船の船長さん

そんなサイモンドは倒れる際
妹さんの名前「ディアマンダ…」を呼ぶのです

今回ハードをクリアした際
ヒカセンは古びたナイフを拾うのですが
そのナイフはサイモンドさんが持っていた物だったらしく
妹であるディアマンダさんへと届けられました

Heavensward-158.jpg Heavensward-159.jpg

シリウス灯台はノーマルもハードも
なかなか難しいダンジョンなのですが
コボルドから奪還できた大灯台から
兄から妹へと受け継がれた想いのようなものを見れて
とても嬉しかったですね

ただ…

14の問題点というか…

結局このダンジョンも何周もする事が前提なのが…

ちょっと冷める所だったりもするのでした…(笑)




ファイナルファンタジー14・攻略ブログ

ランキング参加中!
押してくれれば
リトキアのやる気が
上がります!(>▽<)b




記載されている
会社名・製品名・システム名などは、
各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

スポンサーサイト

web拍手 by FC2

テーマ : FF14
ジャンル : ゲーム

tag : FF14

コメントの投稿

非公開コメント

クルルについて 他etc

ナンバリングだとFF5でのメインキャラクターですね。容姿はポニーテールの金髪で、年齢は14-5歳でしょうか。
彼女は最初からの仲間ではなく、祖父(ガラフという前半のメインキャラクター、物語中盤で死亡してしまう)の遺志を継いで仲間になるという物です。
この辺のストーリーも大変感動ものです。

FF5には14と同じジョブチェンジがあるので、クルルは白魔導士になると、14で出たネコ耳ローブになります(・ω・)

5では一番年下だったからか、14ではお姉さんになってますね_φ(・_・

3.1が少し短いのもあったからか、まだキャラがわからないと言うのが感想です。

ちなみに前述のガラフという人物は、クルルに変わる時、ボスと一騎打ちになるのですが、イベントによりなんとHP0になっても倒れずに戦うという「漢」(おとこ)なのです_φ(・_・

Re: クルルについて 他etc

ルーシーさん!コメントありがとうございます!

ふむふむ…

やはりクルルさんは
旧シリーズからの登場キャラなのですね~

ポニーテールの金髪…

中々良いキャラですな!b


ふむ…

14でもクルルさんは
お爺ちゃんに育ててもらった的な事を
言っていたので
そのお爺ちゃんの名前が
ガラフなのかもしれませんね

てか

ライトニングさんやイロハちゃんが
エオルゼアを訪れた事はありましたが
何気に旧シリーズのキャラクターそのものが
14世界に登場したのはクルルさんが初めてかな?

中々珍しい現象?のような気がしますね


あ~

猫耳はフレ様内でも欲しいと
言っている人が多かったですね

ミコッテはフード系を被ると
猫耳になるんでしたっけ?


HP0になっても倒れないとは…

ガラフさん中々やりますな~

それはきっとホルムか
リビングデッドを使っていたのですな!b

(スーパーアイデンテティはHP減りませんから!)

残念なサンクレッド

ムーンブリダは自分のリアフレのあいだでは「不遇のムーンブリダ」の称号を得ています。キャラは良い、やったことはすごいのに出番が・・・

暁のメンバーでは周りも含めてタタルさんが大人気でっす

闇のは、光の戦士がちょっと強さおかしい!イヤぁ!!(∋_∈)と思った、~さん達が作った存在だと自分はとらえてますので強そうな気がするんですが、どうなのでしょうね。個人的に対超える力を持ってると嬉しいかなぁ、と ヒカセンさんおかしいから~

クルルさんとアルフィノの会話は微笑ましいですが、ただ超える力を持ってるキャラが増えたので、超える力の存在が少し曖昧になったかな?と感じました。特にヒカセンさんは、ちょっと限界突破しすぎな性能ですので(主人公補正なのでしょうか)

竜は、竜・・・エス~  グフッ

PS 
アイメリクの剣ナイト装備にくるといいですね!既にあったらすみません

Re: 残念なサンクレッド

エルノアさん!コメントありがとうございます!

ははは

確かにサンクレッドさんは
あんなに真面目で固い2枚目だと
魅力が残念な感じになりますよね~

早くいつもの彼に戻ってほしいものです


おおぅ…

エルノアさんの周りでは
ムーンブリダさんにそんな愛称が!

わかります

彼女はとても良いキャラクターですよね~
僕も中々好感が持てるキャラでした

あの事件以来
ウリエンジェに不穏な影も近付いているし
その辺の展開も
これからの見所だったりするんですかね~?

ちなみに僕もタタルさんは大好きでっす!b


お~

エルノアさん予想ではヤミセンは強い予想なのですな!

僕は噛ませ犬感が強いと思ってしまいましたが
確かにその可能性も十二分にありますな!

超える力は普通に持ってそうですけどね~

ただ…

じゃあ超える力って具体的に何?

って話になると
よくわからない感じになりそうな気も
しないではないですけどね…(笑)

超える力を持っている人だけが
時代を切り開けるって事では
絶対ないでしょうからね~


まぁでも確かにヒカセンは
ちょっともう力がえらい事になってますからね~

どこかで歯止めをかけないと…
長期連載すぎて訳分からなくなった
少年漫画の主人公みたいになっちゃいますな!


お~

アイメルクの剣は確かにオリジナルですよね

青く光ってるのが中々格好良いですな!

まぁでもあれは
彼のオリジナルの武器として
設定されてるみたいなので
あれはあれで「1個もの」として
アイメルク専用になるのもいいかな~?

エルノアさんの言葉を聞いてふと思いましたが
いつか外見とかを
(刀身はこれでグリップはこれで…みたいな)
自分のオリジナルにできるような武器が
開発できればいいっすな~

(大昔に言ってたエクスカリバーシステム?)
プロフィール

リトキア

Author:リトキア
ぬるまゲーマー男ののんびりプレイ日記です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ツイッターです
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる