FF14 続々々々・配達士のストーリー

僕が毎回楽しみにしている
エオルゼアに住んでいる
サブキャラクター達の日常の
小さな物語を追う配達士のストーリー

ただ配達士のクエストは
メモを取りながら
じっくり楽しむので
あまり公開後すぐには進めず
時間がある時に
ゆっくり楽しんでおります

最近はクリタワや詩学集めも
ようやく落ち着いてきて
深夜にソロで時間がある事も
多くなってきたので
前回の記事から4つほど
配達士のクエストを進めました

その中から今回は2つ
ネタバレがない程度に
軽く感想を書いてみます!

といっても

ネタバレしちゃってる所もあるので
まだ進めてない方は
是非記事を読む前に
ご自分でプレイしてみてください!




まず進めたのは

「網倉の輝く隠し玉」

これは漁師ギルドマスター
ワワラゴさんを中心にしたストーリー

FF14-791.jpg

漁師を50まで上げた方なら
ご存知だと思いますが
ワワラゴさんはマスターとはいえ
ギルドの事は
とっても可愛いシシプさんに任せ
自分は釣りばかりしている自由人です

今回の配達は
そんなワワラゴさんに
霊災の影響で借金まみれに
なってしまったウルダハの商人
ロロシャルさんからの手紙を届けます

FF14-792.jpg

いまやロロシャルさんの財産は
大事に抱えたこの箱1つだそうですが
ここから再起を狙っているようです

まぁ…

今回の話はよくある話で
今まで仕事一筋だった人物が
自由に生きていた人の生き方に
触れるという感じの内容です

FF14-793.jpg

話の流れで何故か皆で
釣りすることになるんですけどね~

昔からあるであろう
この手のタイプの話なんですが
僕個人的には
あんまり好きじゃないんですよね~

なんか最終的に
仕事人間だったタイプが
風来坊なタイプの人に
言い負かされるというか
自分は仕事一筋だった事を
後悔するようなパターンが
多い気がしますが
世界中がワワラゴさん
みたいな人になっちゃったら
やっぱりそれはえらい事ですからね~(笑)

(それこそギリシャみたいになっちゃいます…)

ワワラゴさんみたいなタイプこそ
真面目にやってる人に
感謝すべきだと思っている僕は
どうもこの手のタイプの話が
あんまり好きではありません…

FF14-794.jpg FF14-795.jpg

何でお前が
人生の達観者みたいな立場で
偉そうに説教できるねん!と
ちょっと思ってしまいますからな~

(ヤンキーがちょっと普通の事をすると
妙に褒められるパターンと似ていますな)
(↑ちょっと違うと思います…)

まぁでも

FF14-796.jpg

大事に抱えていた箱の中身には
中々驚かせていただきました!


そういえば釣りといえば
プコちゃんに
ギャザラー用の装備を作ってもらって
最近ようやく釣りも
本腰を入れてやり始めたのですが
先日空いた時間に低地ラノシアで
シルバーソブリンを狙っていると
すぐ隣で釣りを始める人がいました

スペースは結構空いてたので
何もこんな
すぐ横でやらなくても…と思い
隣に来た人を見てみると

FF14-797.jpg

なんと!
誰かのリテイナーさんでした!

今まで採掘場とかで
誰かのリテイナーさんを
何回か見た事はありましたが
釣りをしている姿をみるのは初めてでした

なんか色んな台詞を言いながら
主人のために一生懸命
釣りをする姿は中々可愛かったです

まぁ…

釣りは
なんかしながらする事が多く
自分に魚がかかった音が
聞きづらかったので
ちょっと移動しましたけどね~(笑)



次に進めたのが

「不可視の防衛線」

この配達は
北森で神勇隊の白羊師団を率いる
ミア・モルコットへの配達です

FF14-798.jpg

ストーリーにも出てきたこのミコッテは
鬼団長と呼ばれる勇猛な女性

周辺のイクサル族から
「白き黒猫」の
2つ名で呼ばれているのです

FF14-799.jpg

ちなみに
そんなミア・モルコットさんは
「な」の発音が苦手で
「にゃ」になってしまうという
超可愛い特徴があるのでした!


実はこの配達ははじめ
新人の配達士が担当していたのですが
北森の敵の強さに
手紙を配達できなかったという経緯があり
配達するのが少し遅れてしまいました

手紙は
先々代白羊師団長の
お母さんと息子さんが
フォールゴウトに来る予定だという
内容だったのですが
いまだに着いていないのが
おかしいという事に

調べた結果
2人はイクサル族に
誘拐されていた事が判明します

ただ…

実はその頃イクサル族も
大事な何かを探していて
それどころではない様子

FF14-800.jpg

白羊師団とイクサル族は
一時休戦協定を結びます

先に開放された
先々代隊長のお母様のフィロータさん

FF14-801.jpg

当然ですが
囚われたままのお孫さんが
気になってしょうがありません


この後
目的を達成したイクサル族は
無事お孫さんも解放してくれます

FF14-802.jpg

そしてその時イクサル族隊長は
気になる言葉を残していきます

人質が開放されれば
休戦協定は終わりだと考えたミアは
イクサルへの追撃を部下に指示!

FF14-803.jpg

しかし

とある事情を抱える
イクサルを追撃するのは
ルール違反だと考える部下により
フィロータさんに説得してもらう事に

FF14-804.jpg

そこで明かされた奇妙な真実

運命とは時に妙であり
時におかしな悪戯をするものです

一体ミアさんとイクサル
そして先々代隊長との間に何があったのか?

それは是非あなたの目で確かめてください

FF14-805.jpg

この配達では最後に
鬼団長ミア・モルコットの
素敵な笑顔が見れたのも嬉しいポイントでした


北森ではいつも
FATEなどでもそうですが
白羊師団とイクサルの
血を血で洗う紛争が繰り広げられていて
この配達中も
その様子はいくつか見て取れます

配達後もまたその争いは
繰り広げられれるんだろうという
雰囲気はひしひしと感じられました

良い点でも悪い点でも
あるとは思いますが
FF14はそんな
1つの争いが終わったからといって
ハッピーエンドになるような
甘い戦いは描いていないという
ある意味少し恐さも見えた配達でした


そんな感じで今回は
この2つの配達の感想を書いてみました!

いつも書いている事ですが
エオルゼアに生きる
サブキャラクター達に
スポットを当てた配達士のストーリは
個人的に
FF14の中で一番好きなクエストです

例えば
このストーリーを見た後なら
今度から蛮族デイリーで
北森に寄った時
ミア・モルコットさんの顔を
見ていくか~と思う事もあるでしょうし
北森の対イクサルのFATEに参加した時は
また違った想いが巡る人もいると思います

そのようにして
エオルゼアの世界観は
出来ていくのだな~と個人的には思うのです


主役になるようなストーリーではありませんし
時間が出来た時に
ゆっくり配達していく人が大半だとは思います

それでもFF14が続く限り
少しずつでいいので
増えていってほしい物語だと
個人的には思っています


ちなみに

後2件の配達が終わっているので
また近いうちに
このブログの記事にもしたいと思っています






ファイナルファンタジー14・攻略ブログ

ランキング参加中!
押してくれれば
リトキアのやる気が
上がります!(>▽<)b




記載されている
会社名・製品名・システム名などは、
各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
スポンサーサイト

web拍手 by FC2

テーマ : FF14
ジャンル : ゲーム

tag : FF14

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リトキア

Author:リトキア
ぬるまゲーマー男ののんびりプレイ日記です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ツイッターです
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる