FF14 続々・配達士のストーリー

今回は久々にFF14の記事です



本題に入る前に

昨日はパッチ2.1が公開され
1番大きな変更としてバハムート侵攻編に
超える力と難易度の緩和がされました

まだまだ4層を練習中の僕にとっては
嬉しい緩和だったのですが
同時にPTを組まず
CFでも突入可能となったため
侵攻編にIL制限が付く事にもなりました

僕達の固定が練習中の4層は
IL制限が105と
かなり高い設定になったのですが…

なんと!姐さんが
今のままの装備では
制限に引っかかる事が判明!。ooO(゜ペ/)/

おぉう…なんじゃそりゃ!

もちろん姐さんが
装備をさぼっていたわけではなく
むしろその逆です

姐さんは固定PTでは
戦士をやってもらっているのですが
火力を上げるため
右側は全てガチガチの
禁断アクセを使ってくれています

もうそれこそ
総額ウン百万レベルの装備です

ガチガチフル禁断ですから
作成するのにどれだけ苦労したかは
FF14プレイヤーなら
わかってもらえると思います

なんと

右の5個のアクセを
その装備にしていると
IL105に届かないのです…(-_-;)

う~ん…

個人の努力を無駄にするこのアホ設定…

これから詩学装備が集まっていけば
問題は解決されていくでしょうが
今の段階では流石に
そんなに多くは取れない詩学装備

一刻も早く修正をしてほしいですな…


まぁ今回だけではないですが
FF14の運営さんは詰めが甘い…

4層のIL問題だけではなく
アイテムレベルシンクで
マテリアの効果が発揮されない問題では
新式を活用している
Miさんやプコちゃんは困っています

(しかも今回のパッチで対応なし…)

ロドストの不都合で
罪のない人達が晒されたような状況に
なってしまった件でもそうです


ファンフェス前ぐらいからだと思いますが
ちょっと最近スタッフの
雑な運営が目立つような気がします

確かにファンの前に出て
色々と発表する事も
大事なんでしょうが
肝心のゲーム内の事が
疎かになってしまっては
本末転倒だと思います

最近明らかにミスが多いゲーム内

少し気を引き締めてもらいたいな~と
個人的には思います

(このブログでは何回も書いていますが
ドラクエのようにPとD
分けるべきだと思いますけどね~…)



さて!

軽く愚痴った所で!今回の本題です!


追加されるコンテンツの中でも
リトキアが密かに気に入っているのが
配達士のクエストです

このクエストは他のコンテンツに比べて
派手なストーリーではないのですが
エオルゼアに生きている人達の生活が
垣間見れる素敵な話が多いです

今回は前回の配達士の記事の後から
配達した人達の物語を
短くずらっと書いてみたいと思います

出来るだけネタバレは
しないでおこうとは思いますが
とは言っても書いてしまう事もあるので
注意してください!



今回初めに配達したのが
紅燕陸戦隊への勧誘

外地ラノシアにある陸戦隊は
常に隊員不足に悩んでいるので
高地ラノシアで武勇を誇る
「猟犬同盟」の人達を
紅燕陸戦隊に勧誘してきて欲しいという
手紙の依頼でした

猟犬同盟といえば
高地ラノシアでのFATE
「プアメイドミル復興」で
活躍している姿を
知っている人も多いはず

その中でも
「狂犬のラタタ」という
メチャメチャ強いララフェルは
無口で口は悪いですが
その強さはリムサでは有名らしいです!

FF14-546.jpg

今回はその狂犬ラタタを巡るストーリー

彼女が何故
狂犬と呼ばれる事になったのか?

そしてそんな彼女は何故
紅燕陸戦隊に入隊する事を拒むのか?

普段無口なラタタが
冒険者にだけ語ってくれた思いには
彼女の熱い意志が感じられて感動しました

FF14-547.jpg

最後にラタタと2人で
にっこり笑いあうシーンは
個人的には凄く名シーンでしたぞ!


次に配達したのは
グリダニアでの大人気だというバンド
「ホムンクロス」のメンバーへの手紙

FF14-548.jpg

長い期間
黒兎堂の宣伝をしていた彼らですが
今回ウルダハの商会との専属契約が決まり
ワールドツアーに出れる事になります

今まで彼らを支えてきた
黒兎堂のマイセンタさんは
寂しさを感じながらも
彼らが世に出れるのならと
その行動をある意味認めるのですが
ウルダハの商人絡みというのが気になり
冒険者と一緒に裏を探る事になります

この話ではマイセンタさんがね~

めっちゃ格好良かったですね~

特に全てが終わった後に
ホムンクロスのメンバーに向けてというか
自分に向けて放った一言にしびれました

てか…

メインストーリーでもそうですが
ウルダハの商人はいつでも
金に汚くずるく情けない
みたいな書かれ方をされる事が多く
不滅隊一筋なリトキアにとっては
ちょっと複雑だったりするのは
内緒なのです…(T _ T)


次に配達したのが
美容師ジャンドゥレーヌへの手紙です

なんと彼には
ギュフレーヌという弟がいまして
彼らはイシュガルド出身だという事が
今回明らかになります

FF14-549.jpg

エレゼンらしく
2人ともビジュアル系でかっちょいいですな~

手紙は弟から兄へ
戻ってきてほしいという内容のものでした

数々の地を回り
美容師ジャンドゥレーヌの軌跡を
追っていく冒険者とギュフレーヌ

FF14-550.jpg

最後には
ジャンドゥレーヌの思いと
大どんでん返しがある
中々面白いストーリーでした!


次の手紙は
ハラタリハードダンジョンで
プレイヤー達とも最後に戦う事になる
今ウルダハの闘技場で大人気だという4人組

剣術士フランツ
女帝サイレント・モス
無双のラングロアシエ
砂の狩人ウ・リンボ

FF14-551.jpg

その中でも
特に美形で人気がある
麗しの剣士フランツ様への
ファンレター大量を届ける配達でした!

この話は
4人とマネージャーの友情物語!

個人的には
槍術士であるラングロアジエさんに
かなり深い設定がある事に驚きました

剣奴で罪を償いながら生きているとか…

中々壮絶ですね~…


次の手紙は
白魔導士クエでもお世話になった
ラヤ・オ・センナ様へのお手紙

しかし実はこれはフェイクで
ラヤ・オ・センナ様とマ・ルン・センナ様が
黒衣森を離れて配達する
レターモーグリの不審な動きを心配して
モーグリを問い正すための
冒険者への逆依頼だったのでした

FF14-552.jpg

この配達では
先輩配達士であるレターモーグリの
配達にかける思い、使命
みたいなものを聞けて素直に感動しました

そして
ラヤ・オ・センナ様とマ・ルン・センナ様
黒衣森に住む精霊達が
モーグリを凄く心配していた事もわかり
そこでも感動しました

僕も後輩配達士として
少しでも先輩の思いに近づけるよう
これからも配達士として
精一杯皆の思いを乗せた手紙を届ける
覚悟を決めた配達でしたぞ!(笑)


次の手紙は
リムサ・ロミンサでミコッテとララフェル
どちらが魅力的か?で揉める
2人の元海賊への手紙

FF14-553.jpg

成り行きで
リトキアがどちらが魅力的か
判定する事になるのですが
そんなもん100対0で
ララフェルに決まってるやん!と
伝えようとしたのですが(笑)
この後怒涛の展開により
この判定はご破算になります

まぁ釣りギルドの
シシプさんがめっちゃ可愛く
めっちゃ素敵な事を言ってくれたいたので
それだけでも良し!という感じの配達でした!


次の手紙は
南ザナラーンリトルアラミゴで
無償で薬の研究をし
よそ者を嫌うリトルアラミゴの民にも
物凄く信頼されている素晴らしい女性
ヒヒラさんへのお手紙

FF14-554.jpg

聖女のようなヒヒラさんへのお手紙は
なんとお父様が病気になったという
辛い内容でした

ヒヒラさんの錬金術で
お父様の病気は治るのか?

ヒヒラさんが何故
錬金術師を目指したのか?も含めて
とても感動できたストーリーでした



そんな感じで少しずつですが
配達士のストーリーを駆け足で
辿ってみました

いつも書いている事ですが
配達士のクエストは
NPCの物語が広がって
エオルゼアが
凄い魅力的な世界になる
とても好きなコンテンツです

それにRPGの世界とはいえ
個人的には
世界を救うとか大それた事は
自分には荷が重いな~とか
思ったりする事もあるのですが
配達士になってマイチョコボに乗り
誰かのために手紙を届けるという行為が
なんとなく
自分には性に合ってるな~と
思ったりもするのです(笑)


これからもパッチ毎に
目立たない存在ではあるとは思いますが
配達士のクエストには
期待していきたいと
思っているリトキアなのでした!





ファイナルファンタジー14・攻略ブログ

ランキング参加中!
押してくれれば
リトキアのやる気が
上がります!(>▽<)b




記載されている
会社名・製品名・システム名などは、
各社の商標、または登録商標です。

Copyright (C) 2010 - 2014 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
スポンサーサイト

web拍手 by FC2

テーマ : FF14
ジャンル : ゲーム

tag : FF14

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

リトキア

Author:リトキア
ぬるまゲーマー男ののんびりプレイ日記です

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ツイッターです
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる